高校生コース

高校小論文

このクラスは、高校生を対象にした、帰国生大学入試の小論文で必要とされる記述力養成と、その基礎として必要となる現代社会の構造的理解を目指した講座です。帰国生入試以外にも、高校編入で小論文が必要となる生徒も対象になります。

一つのテーマについて3~4週間かけて掘り下げながら、そのテーマで必要となる知識を詰め込むのではなく、それぞれの事項がどのように関連し合っているのかを理解することに重点を置き、じっくりと進めていきます。

「このテーマならこのように書く」というマニュアルにあてはめるような指導ではなく、各生徒の経験を掘り下げて一人ひとりの独自性が見えるような小論文を目標に、集団授業での講義と個別での話し合いを通して準備を進めていきます。

一週間分のニュースを独自編集した「一週間のニュース」を通じて、情報の拾い出し・題材としての利用法・批評眼の育成を図っています。

カリキュラムは1年間で構成されていますが、同じ内容を2年目・3年目に再度受講しても大丈夫です。むしろその方が各テーマに対する本質的な理解が深まり、よりよい小論文を作るようになります。

授業は、毎週土曜日の19:00~20:50に行います(110分授業)。

土曜日

小論文対策19:00~20:50