学習空間NOAH

お問い合わせ
02-712-8101/8102
089-779-3827
13:00〜21:00 月~土

学習空間NOAHのご案内

教育界は変革期

学習空間NOAHのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 急激に変化する世界において、未来を生きる子どもたちに必要とされる力は様変わりし、それに合わせて教育の中身も大きく変わろうとしています。日本でも小学校の授業から大学入試まで一体となった改革が始まり、ここ数年は様々な場面で新しい動きが起こっています。
これは海外に住む日本人子女にとってチャンスと言えます。学校の授業や日常生活を通して身につけた実用的な語学力やコミュニケーション力は、入試だけでなく社会に出てからも役立ちます。ポイントとなるのは、そのような力を「今ここで、どのように身につけるか」です。

我々が目指すもの

学習空間NOAHは、中学受験・高校受験の指導を中心に2003年からバンコクで活動しています。長年バンコク・海外で指導している講師陣は、学習に対する興味を引き出すアプローチで楽しく授業を進めています。その上でノートのとり方や家庭学習の進め方等、学習習慣の定着を大事にし、一人ひとりの状況や進路に対応したきめ細かい指導を実践しています。この教育方針は、これからも変わりません。
しかし同時に、未来志向でチャレンジし続けています。受験対策だけではない真の学力をしっかり身につけられるよう、小学校低学年から高校生まで幅広い学年を対象にコースを設定しています。また状況の変化やご家庭の声を踏まえ、毎年新しい講座を開講し、より通いやすいスケジュールへと改善しています。そして今までの「知識・技能」だけでなく「新しい学力」を養うアプローチも取り入れています。
私たち学習空間NOAHは、2週間の無料体験授業を通してお子様には「学ぶことの面白さ」を、そして保護者の皆様にはセミナーや面談を通して「今後に役立つ情報やアドバイス」を、お伝えできれば幸いです。このようなスタイルにご興味を持たれましたら、まずは一度お会いしてお話できればと思いますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

大塚 守(教室長/数学・算数・小論文)

大塚 日本および海外各地で15年以上帰国子女への指導経験を有し、数学・算数をメインとしながら高校生向けの小論文も担当している。また中学・高校・大学すべての帰国生入試で進路指導を長年行っているので、幅広い学年に対応している。受験だけでなく長期的な観点で、一人ひとりに合った教育を考えるのがモットー。
初めての海外はアフリカ(青年海外協力隊の数学教師として南アフリカ共和国に派遣)というレアな経歴の持ち主。生徒からは「うえきばち」と呼ばれている(写真はイメージ)。十数年前から「永遠の28歳」だと本人は言い張っているが、周囲の反応は年を追うごとに冷ややかになっている。

安藤 理智(算数・理科)

安藤 自分自身の中学受験経験(栄光学園中高卒)をベースに、子どもの立場を重視した指導を行う中学受験対策のスペシャリスト。
塾講師として初めて受け持ったクラスで、名前あてクイズとして「あ○○○」と書いたところ、クラスの男の子が「あらじん?」と発言したことがキッカケで、以来20年以上アラジンと呼ばれている。
実はプロフェッショナル・スポーツカメラマンという顔もあり、ロンドンオリンピック・リオデジャネイロオリンピックもタイ代表カメラマンとして参加していました。

九鬼 渡(国語・理科)

九鬼 1999年よりバンコクで講師を務めています。「関心を呼び起こすことが学習のほとんどすべて」を合言葉に、今日も教室で口角泡を飛ばしております。
こつこつ音楽活動や文筆活動しており、最近はときどき思い出したように沖縄の三線(さんしん:三味線の原型となった沖縄の弦楽器)を練習しています。

高橋 裕紀(英語・国語)

高橋 東京にある企業で2年間勤めた後、人生初めての海外勤務をすることになりました。
大学時代にアメリカ留学をして、かけがえのない友人ができたことより、英語を学ぶことの楽しさを知りました。生徒達に英語への熱き想いを届けることに奮闘しております。1人でも多くの生徒が『英語楽しい!!』と思ってくれることを目標に日々の授業を全力でお届けしています。また、愛称は「ウメボシ先生」であり、生徒に役立つ情報を伝えるため、「ウメボシのちょっと酸っぱイングリッシュ」を配信しています。
趣味は音楽鑑賞です。中高時代6年間は吹奏楽部でユーフォニアムというレアな楽器を吹いていました。また、大学時代ではビッグバンドサークルに所属し、1年半トロンボーンを演奏していました。そのため、吹奏楽曲やジャズを聴くことが好きです。

藤井 郁(算数・数学・理科)

藤井 生まれも育ちも北海道。これまで学校教員として教壇に立ち、「考えることの楽しさ」を伝えることをモットーに指導してきました。できた、できなかったという結果だけでなく、その過程を評価し子どものモチベーションを引き出します。
タイが初の海外。北海道との気温の差にやられ、休日は外に出ず、食事は基本的にコンビニ飯という不健康な生活を送っています。ですが身体を動かすことは大好きです。
好きな食べ物:セブンイレブンのレーズンパン
好きなスポーツ:野球
好きな芸人:サンドウィッチマン、東京03

村上 詩織(国語・英語・社会)

村上 11年間東京の塾で教室長をしていました。
全く関係のない話ですが、安室奈美恵の引退を見届け、タイに来ました。
ボルダリング初挑戦の写真です。初心を忘れず、チャレンジしていこうと思います。
毎日子ども達から聞く話を楽しみにしています!

村松 幸典(算数・数学・社会)

村松 *愛知県出身、B型、中肉中背。
日本国内の旅と世界の旅を軸に、おもしろおかしく授業を展開する社会科講師。常日頃、子供たちが興味を引くことがらを探しては、社会の授業にどう取り入れていくかを奔走中。
趣味は??という質問には、『ゴルフ』と答えるもののスコアーは伸びず、スイングづくりに奮闘中。