学習空間NOAH

お問い合わせ
02-712-8101/8102
089-779-3827
13:00〜21:00 月~土

インター校にお通いの方へ

NOAHに通う生徒の約半数がインター校生

image  学習空間NOAHに在籍している生徒のうち、インター校生は約半数を占めています。ただし小・中学生はどのコースとも、インター校生でも日本人学校生と同じ内容を学習していますので、インター校生向けに特化しているわけではありません。

集中授業期間もインター生に配慮した時間割設計

image  インター校生が多い理由はいろいろありますが、「通いやすさ」については工夫しているつもりです。
 例えば3月および8月の集中授業(講習)の場合、インター校生は学校が休みではないので、日本人学校生とは別のクラスを設けています。通常授業とできるだけ同じような曜日・時間帯にしながら、日本人学校生とできるだけ同じカリキュラムを進められるようにしています。
 また7月はインター校が長期休暇期間になるので、特に受験生は3月と8月の集中授業で実施する授業を一部振替して「インター講習」を行います。

低学年から日本式の学習機会を

image  小学校低学年のうちからインター校にお通いの場合、小2あたりから漢字に対して苦手意識を持ち、日本語の文章に対して抵抗感を抱くケースが見られます。また算数も九九を適切な時期(小2後半)に身につけないと、その後の学年で苦労することになります。そしてバンコクには日本人補習校がないので、日本式の学習を通して周りの状況を知る機会を持たないと、大きく出遅れてしまう危険もあります。
 そこで学習空間NOAHでは小学校低学年向けの講座として、「Study Space」を設けています。一人ひとりの学習状況やペースに合わせて、必要なレベルの国語や算数のプリントを進めていく集団個別指導スタイルなので、幅広く対応できます。

国語力の育成は「日本語の語彙と文法」が鍵

image  語学を習得しようとする場合、まずはその言語の語彙力を増やし、正しい文法で、文の内容を正確に理解することが必要になります。これは国語力の育成にも同じことが言えます。読解問題を多く解くことで国語力が上がると錯覚されがちですが、きちんとした学力育成のためには、語彙、知識、文法をおろそかにすることはできません。学習空間NOAHの国語の授業では、ともすると軽視されがちなこれらの単元をしっかりと扱っています。
 また中学1・2年生コースでは、英語の代わりに「国語読解」のクラスを設け、ただ読解問題を解くだけでなく、特に長い間インター校に通っている生徒にとって必要な「常識的な日本の文化と歴史」を学べる場としています。

インター校生こそ英文法が大事

image  インター校に通っている生徒でも、英文法についてきっちりと学習していないと後での伸び悩みにつながります。「スピードマスター英語」は小学校4年生以上を対象に、中学3年分の英文法を1年間で学習する講座です。
 中学受験で英語入試を受ける可能性があるならば、小5から授業時間や学習量が増えることを見越して、早い段階で受講することをお勧めします。

帰国生大学受験にも対応しています

image  高校受験をせず、バンコクのインター校に通って帰国生大学受験を目指す場合、中学校3年間の学習内容の理解度がその後の伸びに大きな影響を与えるので、高校受験をしない生徒でも「中学生コース」の学習を勧めています。
 さらに学習空間NOAHではインター校に通う高校生向けに「高校小論文」と「高校数学」の講座を用意し、帰国生大学受験のカウンセリングも対応しております。TOEFLやSAT、IBへの準備と両立できるよう、週1回の受講となっています。



◆お問い合わせ・お申し込みはこちらから◆